マインドを変えると何が起きる?

ビジネス書や啓発本では、まず、成功するには

考え方を変えることが大事だと書かれています。

きょうご紹介するのはスティーブ・シーボルト氏(弓場 隆さんの訳)の

「金持ちになる男、貧乏になる男」 です。

「金持ちになる男」 と 「貧乏になる男」 を、較していく形で話が進みます。
 

この2つのタイプを対比させたものに、

ロバート・キヨサキ氏の

金持ち父さん貧乏父さん


がありますが、それを、さらに簡潔に書いたものではないかと思います。
 

サンマーク出版から出ている本なのですが、金持ちになるには

まず、金持ちの「考え方」を身につけなければならないというもので、

考え方を変えると行動パターンも変わり、やがて金持ちの仲間入りを

することができたというものです。

詳しく知りたい方は、この本を読んでみて下さい。

金持ちになる男、貧乏になる男

ASP には3種類あります。

ASPには、3種類のASPがある。

(1)Active Server Pages、

(2)Affiliate Service Provider、

(3)Application Service Provider

 

まずは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

(1) フルスペル:Active Server Pages

 

ASPとは、Webページの「動的に」生成することができる機能のことである。

Microsoftから提供されているもので、Webサーバー「IIS」

(Internet Information Server)の拡張機能として用いることができる。

 

JavaScriptやVBScriptで記述されたスクリプト言語や、

ActiveXコントロールなどのコンポーネントは、

通常はWebブラウザにスクリプトごと送られ、ブラウザにおいて処理される。

 

ASPにおいては、スクリプト等の解釈・処理がサーバー側で行われ、

その処理結果のみがブラウザに送られる。

 

サーバーで処理され、処理結果のみが返ってくる仕組みを採用することにより、

データをデータベースに格納したり、データベースとコンテンツを

連動させたりといった、サーバー側での処理を動的に反映できる

 

ダイナミックなコンテンツが生成可能になる。

 

 

(2) フルスペル:Affiliate Service Provider

 

この場合のASPとは、インターネット上で商品の販売やサービスなどを

行っているECサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトとの間を

仲介している、広告代理サービスのことである。

 

ASPのサービスを利用する事で、ECサイトとの提携から報酬の受け取りまでを

アフィリエイトサービスプロバイダを通じて容易に行うことができる。

 

 

(3) フルスペル:Application Service Provider

 

この場合のASPとは、インターネットを通じて、アプリケーションを顧客に

提供する事業者のことである。

 

ASPは、自社の保有するサーバーにアプリケーションソフトをインストールし、

そのアプリケーションソフトをインターネット越しにレンタルしている。

 

顧客(クライアント)はWebブラウザを用いてアプリケーションにアクセスし、

自分の業務に利用することができる。

 

 

ページの先頭へ