自作ボタンを簡単に作るbuttonmaker

自分でボタンを作りたいと思っても

画像を作成するのは、面倒です。

PhotShopやGimpでも作れますが、

こちらなら、簡単に作成できます。

 

簡単にボタンが作成できるサイト

botan1

 

http://box.aflat.com/buttonmaker/

文字数をカウントする

記事の文字数は、どのぐらいが良いのでしょうか。

あまり長すぎても、読んでもらえないし

かと言って、あまりに短いとキーワードが少なく

なってしまいます。

一般的に800文字から1000文字ぐらいが良いといわれていますが、

では、どうやって文字数を調べたら良いのでしょうか。

wordで記事を書くと、

Ctrl+Sift+G で一発で文字数がカウントが出来ます。

あとは、コピーしてブログにペーストすればOKです。

 

無料のレンタルサーバー

無料のホームページサービスには、

  1. FC2ホームページサービス
  2. 忍者ブログサービス

があります。
 

まず、無料のレンタルサーバーで試してから

徐々に有料のレンタルサーバーに移行していくという

方法もあります。
 

また、この無料サイトをサテライトサイト

(メインとなるサイトに被リンクを送るために作成するサイト)として

利用する方法もありますね。

 

FC2ホームページ

  • 容量1GB
  • 商用利用可能
  • FTP対応
  • 広告表示なし

 

忍者ホームページ

  • 容量500MB
  • 商用利用可能
  • FTPS対応(暗号化)
  • 1つのIDで10個のホームページ

 

FC2ホームページhttp://web.fc2.com/
 

忍者ホームページhttp://www.ninja.co.jp/hp/
 

 

すごい風でした

きょうは、各地ですごい風でした。

関東の桜も全部散ってしまいました。

傘が風で、きのこ状になって、一瞬で傘が壊れてしまいました。

CSSとは

今回は、HTMLとは切り離せないCSSについてのお話です。

CSS は

Cascading Style Sheets 」の頭文字からとったもの

HTMLはハイパーテキストというのは、前回お話しました。

まだ、見てない方は、こちらHTMLの由来をご覧下さい。

HTMLはテキストいわゆる別な言い方をしますと文字情報ということに

なります。

CSSはどんな役目をするかと言いますと、

文字の色を変えたり、背景に色をつけたり、左側に表示する

右側に寄せるなど、文字や画像の見え方を指定するものです。

見栄えをデザインするときに使うものですね。

このCSSをうまく使えるとホームページやブログがカッコよくなります。

CSSには『内部CSS』と『外部CSS』があります。

『内部CSS』はHTMLの中に記述していくタイプ

一方『外部CSS 』は、HTMLファイルの他に例えば「style.css」などの名前をつけて

別ファイルで作成したものをHTMLファイルに読み込むという形をとります。

W3C(WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体)では、

現在、『外部CSS』を使用するよう勧告しています。

また、Googleなどの検索ロボットが、『外部CSS』にした場合の方が

HTMLファイルが、シンプルになるので、クロールしやすくなるということで

(HTMLファイルごちゃごちゃしていると検索ロボットが途中で帰ってしまうから)

『外部CSS』の方が、SEOの効果があると言われています。

WordPressなどのCMS(コンテンツマネージネントシステム)の場合は、

初めから、『外部CSS』として別にファイルが用意されています。

WordPressのスタイルシートの場所

「外観」をクリックします。

gaikkann

開いた項目から「テーマ編集」をクリックします。

termahensyuu

右側に項目が並んでいるところから、下の方へスクロールして

2013-04-02_221522

「スタイルシート(style.css)」をクリックします。

sutairusi-to

左 側に表示されたCSSの中味の3分の1ぐらいのところにある

以下の部分は投稿記事のタイトルの部分のCSSです。
pe-zitaitoru
投稿記事のデザインを変更したい場合は、

このファイルを変更していきます。

 

 

新生活にWiMAX or LTE?(モバイルデータ通信)

新生活の際に見直したいもの1位は「インターネット」、

現状のインターネット利用形態は、「固定回線のみを利用している人

(光ファイバー・CATV・ADSL等)」は54.0%に対し、

「モバイルデータ通信(WiMAX、LTE等)」は12.4%

一方、今後利用したいインターネット回線を尋ねたところ、

モバイルデータ通信の利用意向が24.6%

今後使いたいモバイルデータ通信サービス1位は2年連続「WiMAX」

2位は「EMOBILE LTE」

<調査概要>
調査名:新生活のインターネット環境に関する意識調査
対象者:男女18~40歳、 全国2013年春以降に新生活(引っ越し)を
始める予定の人
有効回答数:本調査 500サンプル
調査期間:本調査2013年2月1日(金)~5日(火)

リリース
株式会社イード
http://www.iid.co.jp/news/detail/2013/0313.html

 

ページの先頭へ