CSSとは

今回は、HTMLとは切り離せないCSSについてのお話です。

CSS は

Cascading Style Sheets 」の頭文字からとったもの

HTMLはハイパーテキストというのは、前回お話しました。

まだ、見てない方は、こちらHTMLの由来をご覧下さい。

HTMLはテキストいわゆる別な言い方をしますと文字情報ということに

なります。

CSSはどんな役目をするかと言いますと、

文字の色を変えたり、背景に色をつけたり、左側に表示する

右側に寄せるなど、文字や画像の見え方を指定するものです。

見栄えをデザインするときに使うものですね。

このCSSをうまく使えるとホームページやブログがカッコよくなります。

CSSには『内部CSS』と『外部CSS』があります。

『内部CSS』はHTMLの中に記述していくタイプ

一方『外部CSS 』は、HTMLファイルの他に例えば「style.css」などの名前をつけて

別ファイルで作成したものをHTMLファイルに読み込むという形をとります。

W3C(WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体)では、

現在、『外部CSS』を使用するよう勧告しています。

また、Googleなどの検索ロボットが、『外部CSS』にした場合の方が

HTMLファイルが、シンプルになるので、クロールしやすくなるということで

(HTMLファイルごちゃごちゃしていると検索ロボットが途中で帰ってしまうから)

『外部CSS』の方が、SEOの効果があると言われています。

WordPressなどのCMS(コンテンツマネージネントシステム)の場合は、

初めから、『外部CSS』として別にファイルが用意されています。

WordPressのスタイルシートの場所

「外観」をクリックします。

gaikkann

開いた項目から「テーマ編集」をクリックします。

termahensyuu

右側に項目が並んでいるところから、下の方へスクロールして

2013-04-02_221522

「スタイルシート(style.css)」をクリックします。

sutairusi-to

左 側に表示されたCSSの中味の3分の1ぐらいのところにある

以下の部分は投稿記事のタイトルの部分のCSSです。
pe-zitaitoru
投稿記事のデザインを変更したい場合は、

このファイルを変更していきます。

 

 

デスクトップにメモ紙でささっと記録

パソコンを使っていて、ちょっとメモしたいという時に

わざわざ、ワードを立ち上げたり、メモ帳を起動したりするのは

面倒です。

そんな時にちょこっとメモしたいな~なんて時に便利なメモ紙です。

いちいち保存しなくても良いので、らくです。

www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/personal/se388286.html

HTMLの由来

HTMLが生まれるまで

1989年、スイスのジュネーブにある欧州素粒子物理研究所「CERN(セルン)」

では、膨大に膨れ上がった研究論文をコンピュータで簡単に

管理することはできないかを研究していました。

また、文書をコンピュータ内に保管するだけでなく、

関連文書の検索時間を短縮することも念頭においていました。

セルンに勤務していたバーナーズ・リーは、文書の中の

キーワードに別の文書へとたどりつく仕掛けである

「リンク」を埋め込むことで、文書の保管と関連文書を

簡単に辿る方法を考案しました。

文書から文書へとリンクしていくのは、通常の紙ベースでは

不可能であるため、シンプルな文書を超える文書という意味で

HyperText(ハイパーテキスト)」と呼ばれました。

HTMLの最初の二文字HTがこの「HyperText(ハイパーテキスト)」の

頭文字ですね。

では、後のMLの二文字についてです。

「HyperText(ハイパーテキスト)」を作るためには、

文書の中にリンク情報を埋め込む必要があり、

「タグ」というコンピュータ言語を使ってします。

文書にタグをマークづける言語を「 Markup Language(マークアップ言語)」

といい、その頭文字が後半のMLです。

合わせてHTMLHyperText Markup Language)です。

 

HTMLタグとは、実際どういうもの?

記述法は、<H1>文章</H1>
というように<>と</>で、囲みます。

これは、文章をH1という文字の大きさで、表示するという意味です。

画面コピーをするキャプチャーソフト「窓フォト」

画面コピーに便利なキャプチャー「窓フォト」を紹介します。
以前、「SnapCrab for IE」をご紹介しましたが
使えるのがブラウザのみ、しかも、IEのみだったのに対して、
今回の「窓フォト」は、もちろん、操作も簡単で

 

他のブラウザでもブラウザ以外デスクトップや他のソフト上でも使えます。
「窓フォト」の機能は範囲指定キャプチャ、
マウスカーソルの同時キャプチャはもちろんですが、

それだけでは、ないのです。

な、な、なんと

 

キャプチャした後に、線を引いたり、文字を入れたり、

各種効果をつけたり、その画像を編集することができるのです。
GIFアニメーションを簡単に作成する機能も搭載。
ウェブページのキャプチャも縦長で、
スクロールしないといけないようなページでも
URL を指定するだけですべてきれいにキャプチャしてくれます。
出力形式もJPG / BMP / PNG / GIF / TIFF 形式と通常使う殆どの
画像形式に対応しています。

 

「窓フォト」

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se487017.html

新生活にWiMAX or LTE?(モバイルデータ通信)

新生活の際に見直したいもの1位は「インターネット」、

現状のインターネット利用形態は、「固定回線のみを利用している人

(光ファイバー・CATV・ADSL等)」は54.0%に対し、

「モバイルデータ通信(WiMAX、LTE等)」は12.4%

一方、今後利用したいインターネット回線を尋ねたところ、

モバイルデータ通信の利用意向が24.6%

今後使いたいモバイルデータ通信サービス1位は2年連続「WiMAX」

2位は「EMOBILE LTE」

<調査概要>
調査名:新生活のインターネット環境に関する意識調査
対象者:男女18~40歳、 全国2013年春以降に新生活(引っ越し)を
始める予定の人
有効回答数:本調査 500サンプル
調査期間:本調査2013年2月1日(金)~5日(火)

リリース
株式会社イード
http://www.iid.co.jp/news/detail/2013/0313.html

WordPressでSitemapを自動作成してくれるプラグイン

Googleへ送るSitemapを自動で作成してくれるプラグインです。

プラグイン→新規追加をクリック
プラグイン検索窓に「google xml sitemaps」と入力して
「プラグインの検索」をクリックします。
 


 

「いますぐインストール」をクリック

 

 
「設定」をクリックすると「XML-Sitmap」の項目が追加されています。
「XML-Sitmap」をクリックします。

 
開いた画面で「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリック」の文章の
「こちらをクリック」のところをクリックします。

 
構築が終わると年月日時間が表示されます。

 

キャプチャーソフト SnapCrab for IE

こちらの「SnapCrab for IE」キャプチャーソフトは、
ブラウザのツールバーにアイコンが表示されるタイプなので
アイコンをクリックするだけで画面コピーして自動保存してくれます。
 
「SnapCrab for IE」は画面全体のコピーはもちろん
矢印付きのコピーもでき、(Ctrlキーでコピー)
その上、マウスでドラッグして範囲指定ができ、
自動保存してくれます。
 
「SnapCrab for IE」をはじめて使用したときは、
本当に保存できているか確かめた程です。

 
もちろん、ちゃんと保存されていて
余りの簡単さに、ワォー、ウーウーウー感激でした。
 
保存先は初期ではデスクトップですが、
設定で好きなところに変更できます。
 
下記でダウンロードできます。無料です。
SnapCrab for IE
※注意 インターネットエクスプローラのみ使用できます。

WordPressで投稿の順番を変えるプラグイン「Intuitive Custom Post」

WordPressでは、通常新しい投稿が一番上に
表示されるようになっています。
 

日付を変更すれば、記事の順番を変更することは可能ですが、
やはり、数が多ければ手間になります。
 

そこで、投稿の順番を変更できるプラグインを入れれば、
ドラッグ&ドロップで自由に順番を変えることが
出来るようになります。
 

「Intuitive Custom Post」というプラグインです。
以下に、プラグインをインストールする手順を
説明します。
 


 
管理画面メニューの「プラグイン」をクリック、
開いたメニューから「新規作成」をクリック
検索テキストボックスに「Intuitive Custom Post」と入力し
「プラグインの検索」をクリックします。
 
プラグインをクリック
 
「Intuitive Custom Post」の項目を探して
「いますぐインストール」をクリックします。
 

いますぐインストール
 
以下の画面が出たら「OK」をクリックします。
 
ok

 
「プラグイン有効化」をクリックすれば、終了です。
 
プラグイン有効化

 
有効化のところが停止に変わっていれば、成功です。
 

ネットビジネスの種類

ネットビジネスには、「せどり」「ネットオークション」「アフィリエイト」などが
あります。

  • せどり
  • 古本店の105円コーナーなどで掘り出し物を探し、amazonやYahooオークションで
    高値で転売し、利益を得ること。
    書籍に限らずCDやDVD、ゲームなども含まれます。
    漢字では「背取り」と表記し、その由来は本の背表紙です。

  • ネットオークション
  • インターネットを介して競売(オークション)を行うこと。
    Yahoo!オークションや楽天が有名です。

  • アフィリエイト
  • アフィリエイトには、情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトがあります。
     

    1. 情報商材アフィリエイト
    2. 情報商材アフィリエイトとは、「投資」「恋愛」「ダイエット」
      「アフィリエイト」などのノウハウを紹介し、
      購入された場合報酬を得るものです。
      高額な商品が多い。
       
      ただ、これらの中には、詐欺まがいの商品もありますので、
      購入する場合も紹介する場合も、充分注意する必要があります。
       
       

    3. 物販アフィリエイト
    4. 物販アフィリエイトとは、ブログやホームページで商品を紹介し、
      その紹介した商品がクリックされたり、購入されたことにより
      報酬が支払われるもの。
       

      クリックした数によって報酬が支払われる代表的なものは
      グーグルアドセンスです。
      そのほかに、懸賞サイトなどがありますが、いずれも単価が安い。
       

      商品が購入されたことにより報酬が支払われるものには、
      バリューコマースやA8.netなどがあります。
      比較的お勧めしやすい資料請求案件から高額商品まで、
      色々揃っています。

 

次はネット上に資産をつくろう

ASP には3種類あります。

ASPには、3種類のASPがある。

(1)Active Server Pages、

(2)Affiliate Service Provider、

(3)Application Service Provider

 

まずは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

(1) フルスペル:Active Server Pages

 

ASPとは、Webページの「動的に」生成することができる機能のことである。

Microsoftから提供されているもので、Webサーバー「IIS」

(Internet Information Server)の拡張機能として用いることができる。

 

JavaScriptやVBScriptで記述されたスクリプト言語や、

ActiveXコントロールなどのコンポーネントは、

通常はWebブラウザにスクリプトごと送られ、ブラウザにおいて処理される。

 

ASPにおいては、スクリプト等の解釈・処理がサーバー側で行われ、

その処理結果のみがブラウザに送られる。

 

サーバーで処理され、処理結果のみが返ってくる仕組みを採用することにより、

データをデータベースに格納したり、データベースとコンテンツを

連動させたりといった、サーバー側での処理を動的に反映できる

 

ダイナミックなコンテンツが生成可能になる。

 

 

(2) フルスペル:Affiliate Service Provider

 

この場合のASPとは、インターネット上で商品の販売やサービスなどを

行っているECサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトとの間を

仲介している、広告代理サービスのことである。

 

ASPのサービスを利用する事で、ECサイトとの提携から報酬の受け取りまでを

アフィリエイトサービスプロバイダを通じて容易に行うことができる。

 

 

(3) フルスペル:Application Service Provider

 

この場合のASPとは、インターネットを通じて、アプリケーションを顧客に

提供する事業者のことである。

 

ASPは、自社の保有するサーバーにアプリケーションソフトをインストールし、

そのアプリケーションソフトをインターネット越しにレンタルしている。

 

顧客(クライアント)はWebブラウザを用いてアプリケーションにアクセスし、

自分の業務に利用することができる。

 

 

ページの先頭へ